ホーム>とりつかせいプラクティス.整骨院 日々の気付きブログ>【量子場調整】

【量子場調整】

転倒によるケガ・痛みが長引く

脳の記憶 と 細胞の記憶

 

 

転んでしまって、ぶつけたり、関節を捻ってしまった事によるケガ。

 

だいぶ日にちがたっているのに、何故かなかなか痛みが治まってこない。

 

もしくは、痛めた部分は良くなってきているけど、

 

また違う部分の痛みが残ってしまっている。

 

比較的大きな衝撃が身体に入った事による、怪我(けが)などは、直接的にその部分の痛みは、時間の経過と共に治まっていく事が多いと思います。

 

ただし、特定の動作の時の痛みがなかなか抜けない

 

直接ぶつけた所ではない部分の痛みが残る。

 

 

脳の記憶 と 細胞の記憶

 

 

脳は様々な情報を取捨選択して、記憶として残す(表に出す)事も、

 

敢えて、忘れる(表に出さない)事もします。

 

 

脳にとっては、もう必要ではないと判断したものは、表には出さないようにします。

 

ただ、細胞一つ一つには刻まれているのもがあり、

 

それが、身体の痛みなどには関係するものがあります。

 

 

≪はっきりと原因が分からない痛み≫

 

これらの多くは、脳と細胞の記憶の違いから起こる事でもあります。

 

少し、それらを説明させて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

【量子場調整®】

 

量子場調整は、後頭部に位置する小脳に優しく手を当て、無意識に働きかける施術です。

大脳は、痛みなど神経に関する器官で、外側の世界と自分との関係性を判断します。

小脳は、自分自身の内臓の位置や心臓のリズムなど、内側の世界と自分との関係性に関わります。

姿勢や歩き方など身体の使い方のパターン、思考のパターン、取り去れない記憶やトラウマは、小脳に属する無意識の領域に働きかけなければ、本質的に変化することは難しいです。

 

(量子場調整HPより抜粋させて頂きました。)

 

 

 

整骨院に【量子場調整】を受けに来る方は、まだ少ないですが、

整体や物理的な調整では、なかなか改善しにくい症状に対して、量子の場から働きかるというアプローチを行ったほうが、よりスムーズに解決していく事もあります。


 

量子場調整とは、

 

ある意味、身体の使い方のガイド、道しるべを創る

 

“自転車の乗り方”を覚える際に、

 

親御さんがお子さんの自転車を後ろから支えてあげて、

 

バランスが取れてきた所で、手を離して、そのバランス感覚を覚えさせる

 

このような経験があるのではないでしょうか?

 

 

 

自転車の乗り方って、どんなに理屈や理論で説明されても、

こればっかりは、やってみて、乗ってみて、感覚を覚えていくしかないですよね。

 

身体の使い方も、時として、ガイドが必要な時があります。

 

 

どのような時かとい言うと、

 

身体の使い方を忘れてしまった時、

 

誤ったと使い方を覚えてしまった時。

 

です。

 

 

使い方を忘れる? 誤った使い方?

 

そんな経験はありません。と、きっぱり言われてしまうかもしれませんが、

 

慢性的な腰痛や、肩こり、頭痛、足の浮腫みなど、

 

はっきりと原因が分からないけど、辛い症状がある場合

 

その今、その瞬間が、

 

本来の身体の使い方を忘れている状態です。

 

 

簡単に言うと、身体の使い方の“癖(くせ)”が、そこに存在しているのです。

 

その癖(くせ)を、本来の使い方に戻していく、

 

その過程での、ガイドを創っていくのが、量子場調整。

 

ですので、直接的に身体を調整しているのではなく、

 

“癖”を調整しているという事になります。 

 

 


 

※量子場調整は本来、“症状”そのものを解決する手段ではなく、症状を創っている、癖を少しずつとっていくのが目的です。

量子場調整が何に対して働きかけるかというと、症状をなくすというより、癖をとることです。

(こちらも、抜粋させていただきました。)


 

本日は、その量子の法則を説明しやすい事例がありましたので、報告!!




 

1ヶ月前に、強打?による、筋損傷。

 

病院では『肉離れ』と診断。

 

痛みが取れてこないということで、当院に御来院されました。

 

1ヶ月前の肉離れが治らない・・・・治癒過程で言えば、少し回復が遅い・・・・かな?

 

さて・・・筋繊維の損傷度合い、回復期に見られる、筋繊維の固着、癒着の度合い・・・

 

どんな感じでしょうか。。。。


 

お話を一通り伺い、状態のチェック。

 

『ん~~・・・・確かに

 

筋繊維の固着が強く固まっている・・・・・相当強くぶつけた様子でした。

 

整形外科さんでは、特別、電気治療や温熱など筋繊維に対しての治療などをせずに、テーピング固定のみで1ヶ月間過ごしていたということでしたので、

 

なんとなく、今の現状は理解できます。

 

ただ、訴えとして、

 

『足全体の重さ』『患部の痛みが減ってきていない』というのが少し気にかかりました。


 

激しい転倒 や 交通事故 、 嫌な思い出になりそうな出来事 を、伴った、ケガの場合、

 

ケガそのものは良くなったとしても、その起きた現象に対する、身体の反応、細胞の記憶とでもいいましょうか?

 

おそらく、頭で覚えていたり、感覚的に感じた痛みや、良し悪しの記憶を、脳の記憶と仮称して、

その脳の記憶は薄らいでほとんど気にならなくなったとしても、

 

無意識の記憶、細胞一つ一つに刻まれた記憶というものは、奥深く残っていることがあります。


 

今回のケースも、一通りお体の状態を診させていただいた後に、

 

その方の状態を量子場調整的に“観察”をさせていただくと・・・

 

その、自転車で転倒した時に、時間軸を合わせて観察すると、

 

大きく左半身が歪み、捻じれていきます。

 

ちょうどその衝撃から身を逃すかのように、身体を大きく捻っていました。


 

これでは、左半身全体の流れが滞ってしまい、“重さ”を作ってしまってもおかしくはないです。


 

“その時の”状態を、“調整”した後は、

 

患部の『しこり』は、残っているものの、体の重さ、足の重さはほとんど無くなり、その方の表情も穏やかに


 

良かったです


 

前回も書いたように、

 

量子場調整の目的は、症状を解決するものではなく、その原因となるクセを修正していくこと。

そして、自分お内側の状態を知り、自身のクセに気がつき、本来の自分自身へと再調整していきます。

 

そして、更にlもうワンランク上があるんです

 

(これは、後々~~、また文章を練っておきます


 

ということで、今回は

 

『脳の記憶と細胞の記憶』

 

細胞の記憶・・・・意外とこれがひっかかって、なかなか症状が抜けないケースってあるんです 

 

 

 
 
201812623846.jpg
 
 

量子的な視点 【施術の感想】

施術の感想を頂きました(^^♪

自分の行っている施術について、何が正解か?と、問うと

『受けて頂いた方の体感・感想』

僕の中では、これが全てであると思っています。

 

こうして、感想を頂けるのは、とてもありがたいです(^_-)-☆

 

 

 
駅から徒歩一分の場所でこの寒い時期とても体に楽です。
 
院内もとても清潔感があり患者さんの立場にたっていろいろサービスの面でも考えられていることを感じます。
 
不規則で体にかなりきつい仕事を20年ほどしていますため、今までもいろいろ針や整体など探してきました。
 
こちらは総合的に体のバランスを取りながら治療を進めてくださいます。
 
特に内臓,姿勢、骨の位置など微妙なバランスです。
 
現代医学でも取り入れられつつある量子的な視点も取り入れらていて、治療を始める前の体の状態を観察される的確さと説明が特にすごいなと思います。
 
 
内臓の持病や歯の噛み合わせなど潜在的に持っていた堂々巡りの問題も原因が腑に落ちることもあります。
 
不調には原因がちゃんとありその結果の不調和なんだと良く感じれると思います。
 
これからは自分の体との対話を大切にして、治療を通じて自分の健康を自分で作れる自立性を育てていけたらと思います。

 

 

今回のブログのタイトルであったり、文中にもありましたが、『量子的な視点』に関して。

 

物理の世界の詳しい事に関しては、まだまだ僕も文章でまとめられるレベルではありませんが、

 

量子場調整®に関しては、過去のブログを読んでもらえたらと思います。

『量子場調整®』⇒http://www.toritsukasei-practice.com/blog/2016/04/post-16.php

 

この量子場調整®において、大切なのは、まず『観察』になります。

 

ざっくり言うと、量子というのは、観察者の意識や意図によって変化する、不確定な存在 です。

 

何を思い描き、どんな言葉を使って、どうやって表現しているか

 

これは、その人の数だけ違うのですが、その違いが、現実の違いなんです。

 

『健康になりたい。』『腰痛はもうしたくない』『頭痛がない快適な毎日』を思い描く人は割と多いと思います。

 

では、あなたにとっての健康とは?どのような状態でしょうか?

 

腰痛がなければ、肩こりであっても構いませんか?

 

頭痛がない日々を過ごしていて、ある日突然、自律神経が乱れたかのように、やる気や気力がなくなってしまったらどうでしょう?

 

 

痛みや不調がないのが一番ですが、実際に痛みがあったり、不調がそこにある時には、その痛みや不調の出た必要性を考える必要があります。

 

それは、単純に筋肉が硬い。背骨が歪んでいる。という、物理的な変化だけで見ていては、少し見誤る事があります。

 

よく料理でも言われますが、同じレシピ通りに作ったとしても、その作った方の意識で、微妙に味の変化があると聞いたことがあります。

 

姿・形・色が同じようでも、その中身が微妙に違うように、

 

肩が硬い、背骨が右に歪んでいる、といった物理的な様態の中身は微妙にというより、大きな違いがあります。

 

そして、その大きな違いを、施術する側が意識できるかどうかで、施術の結果は大きく変わると考えています。

 

少し、内容が細かくなってしまいましたが、

 

基本的には、分かりやすい説明を心がけていますので、何かご不明点がありましたら、どんどんご質問下さい☆

 

 

 

御来院されている皆様の地域&最寄駅
 

【地域】
 
≪東京都≫・・・・・・・中野区 練馬区 杉並区 世田谷区 港区 豊島区   中央区
 
                調布市 狛江市 府中市  小金井市 八王子市 西東京市 あきる野市
 
 
≪神奈川県≫・・・・・川崎市(川崎区 多摩区 宮前区) 横浜市(青葉区)
 
 
≪埼玉県≫・・・・・・・川越市 志木市 狭山市  鶴ヶ島市
 
 
≪千葉県≫・・・・・・・流山市  八千代市
 
≪大阪府≫・・・・・・・寝屋川市
 
 
【最寄駅】
 
《西武新宿線沿線》・・・・・・・都立家政  鷺宮  野方  沼袋 下井草  井荻  中井  
 
                    東伏見 花小金井   久米川  南大塚 
 
《西武池袋線》・・・・・・・・・・・中村橋  保谷 
 
《JR中央線》・・・・・・・・・・・・高円寺  阿佐ヶ谷 西荻窪 武蔵小金井 八王子 
 
《JR南武線》・・・・・・・・・・・・稲田堤 中野島 登戸 川崎
 
《京王相模原線》・・・・・・・・京王稲田堤  京王多摩川  
 
《京王線》・・・・・・・・・・・・・・調布  府中  つつじヶ丘 仙川  多摩霊園  武蔵台 
          
                      京王八王子
 
《小田急線》・・・・・・・・・・・・成城学園 喜多見 狛江
 
《東急東横線》・・・・・・・・・・・二子多摩川
 
《都営三田線》・・・・・・・・・・・本蓮沼
 
《都営大江戸線》・・・・・・・・・六本木 勝どき
 
《有楽町線》・・・・・・・・・・・・・要町
 
《東武東上線》・・・・・・・・・・・志木 鶴ヶ島
 
《東武野田線》・・・・・・・・・・・江戸川台
 
《東葉高速線》・・・・・・・・・・・八千代中央
 
《京阪本線》・・・・・・・・・・・・・萱島

 

 
施術内容に関してや、現在お悩みの症状に関してなどの質問は、直接お問い合わせいただいても構いませんし、メールでのご質問も承っております。
 
 
 
 
 
 
 
とりつかせいプラクティス.整骨院   院長  塚田 明樹
 

 

量子場調整について

 量子場調整®とは?

 

この技術の創始者は、白雲の道治療院を35年間開業している岩尾和雄院長。

鍼灸師でもある岩尾院長が、経絡論、チャクラ、気の世界の法則性を独自に融合した技術です。

 

姿勢や歩き方など身体の使い方のパターン、思考のパターン、取り去れない記憶やトラウマは、小脳に属する無意識の領域に働きかけなければ、本質的に変化することは難しいです。

量子場調整は、量子の場を介して、その人の無意識の変化を促します。

量子とは、目に見える物質と、目には見えない意識の両方に影響を与えるものです。

量子場調整では、現在その人を構成している量子の場を観て、望ましい場へと変化させていく技術です。

 

マッサージなど物理的な働きかけでは根本的な解決が難しい、身体の歪みの癖、内臓の位置、姿勢や歩き方のパターンなどを、自然と無理なく本来在るべき状態へ導く事ができます。

 

量子場調整® を個人的な解釈で説明してみました。

 

量子の世界は、目に見える世界ではありません、ただし、量子は観察することによって、体感することはできます。

この『体感』という部分で、今まで物理的な刺激によるマッサージや整体で受ける感覚・体感とは、少し異なります。

 

ただ、最初からこの感覚を感じるか、感じないかは、問題ではありませんし、感じなくてもいいんです。

 

自分の体の見えない部分、例えば、背中やお尻(骨盤)辺りが、前を向いているときに、足の小指だったりとかが、今どこにあって、どんな運動をしているかって、なんとなくわかりませんか?

 

そして、自分の好きな場所だったり、空気、景色の良いところへ行ったときに、少し体が軽くなった感じ

 

逆に、なんだか、体が重くなったり、少し嫌な感がする場所ってありませんか?

 

このなんとなくな感覚。これが、量子の場を無意識が観察して、そして、その観察に対する体の反応を、感じているのです。

 

例えば、よく創始者である院長の講座などを聞かせてもらうと、『量子場調整は自転車の乗り方を覚えるのと似ている』というフレーズが出てきます。

 

大地に立って、歩けるようになると、ハイハイの時よりはずっと早く進む事ができます。

そして、大地から体を離して走るという動作を獲得します。

 

さらに移動の速さを求めた先に、タイヤを使う自転車があります。

 

これは、自分で立っている状態とは違って、何もしないと倒れてしまいます。

 

けれど、一たび、バランスのとり方、こぎ方、曲がり方を覚えたら、歩くよりも、走るよりも早く移動できます。

 

そうです、少し早く移動したり、目的地に早く到着しようとしたときには、『今までと違ったやり方』を覚えると、案外すんなり出来てしまうことってあるんです。

 

身体の歪みを整える、姿勢を整える、今ある辛い症状から解放されたい、健康でありたい

などなど、少なからず、自分の体に対する不安などはお持ちではないかと思います。

 

このような体に対する不安に対して、自分の外部から何かを受動的に受けて、そしてそれを解決する。

例えば、薬は、体内に入ることで、化学的な反応、刺激となり、標的器官に変化を起こします。

    マッサージや整体は、物理的刺激を加えることで、刺激に対する反応が起こり、変化を促します。

 

 これらは、受動的なんですね。 能力を外部の力によって引き出されている状態。

 

人間には、自らの意思で動くという事が出来ます。考え、意図を発し、行動することができます。

 

考え、意図を発し、行動することによって、能動的に体を変えていくことができるのです。

 

そして、量子は、この人の意図、意識に従うという性質を持っています。

 

となると、意図をどう発し、どのような意識を持つかというのが、量子と共存するためには大切になってきます。

 

ここに、『やり方』が存在するのです。

その やり方=ガイド が、量子場調整になります。

 

ちょうど、自転車の乗り始めに、後ろから抑えてもらって、バランス感覚を養ったように、その感覚の在り方をガイドして、いくのが量子場調整になります。

 

なので、一般の施術や治療のように、受けてもらうだけのものでもなく、その感覚を養う、練習をしている感じに近いです。

 

強要もしませんし、わからないことをわからせようと思っている訳でもありません。

 

ただし、自転車に乗れなかった人を見て、あんなにスムーズに移動できたらいいなぁ~って思ったときってありませんか?

 

周りにいる方や、街を歩いていて、何か輝かしい人、何かにぶれることなく、自分を持ち前進している方って、ちょっとその生き方に羨ましさを感じたりしたことありませんか?

 

その自転車を乗っている人をみて、同じ自転車を買ったとしても、乗れなかったら意味ないですよね。

 

その輝かし人の生き方を、そっくり真似しても、あまり充実しなかったら意味ないですよね。

 

大切なのは、自転車の乗り方であり、その人の生き方の中にある、意識の持ち方ではないかと思います。

 

量子場調整は、正解を与えるものではなく、正解を探すための一つの道具のような技術と、私自身解釈しております。

 

物質的な豊かさ から、 精神的な豊かさが、恐らく重要視されてくる時代です。

 

精神的な豊かさの基準は、自分自身の中にあります。

 

自分自身をより理解していくために、量子場調整はおすすめできます。

 

とりつかせいプラクティス.整骨院   院長   塚田 明樹 

 

201641414241.jpeg