ホーム>とりつかせいプラクティス.整骨院 日々の気付きブログ

とりつかせいプラクティス.整骨院 日々の気付きブログ

《Re;balance》 しよーぜ!

Re;balance=本来の位置、状態に再調整する

 
 
当院で行っている、Re;balance整体は、何か特殊な技術があるわけではなく、
 
最初にも述べましたが、『本来の位置、状態に再調整する』という考え方なんですね。
 
本来の位置、状態に再調整する・・・しかも、“出来るだけ自然に”
 
この考え方の中で、僕が今できる、今まで学んできたものを組み合わせて、その時点で考え得る最高であり最適な施術の提供を目指しています。
 
 
 
なので、1年もすれば、やっている内容や手技がまるっきり変わっていることもあります。
 
事実、2年前の施術方法と今では、7割くらい違うかもしれません
 
 
基本的には、
 
①『骨格や筋肉』ーー《骨組み・構造》
②『内臓の働き』ーー《生命維持の為のシステム》
③『神経系』ーーーー《本人の意思や意図と身体を繋ぐネットワーク》
 
大枠で言うと、この3つの状態を整える施術です。
 
 
 

つまり何をするのですか?

 
つまり、何をするのか?
 
 
何でもします。 何でもしません。
 
『本来の位置、状態に再調整する』という考え方に沿うのであれば、何でもします。
 
❝何でもしたい❞のほうが、合ってるかもしれません。
 
逆に、過度な刺激になる事は、ご要望があっても、しない場合もあります。
 
 
家の冷蔵庫にある材料を見て、その家にある道具と調味料を使って、おいしい料理を創るかの如く(少しかっこよく言い過ぎかもしれませんがsweat01
 
 
現状を診て、聴いて、触れて、
 
触れるべきか、押すべきか、引くべきか、はたまた、揺らすのか・・・
 
これは、その時々の、その方の身体の状態で、かなり変わってくると思います。
 
 
そして、施術自体で、何をするかというよりも、大切な事があります。
 
その変化した事実に、本人に気がついてもらい、
その変化自体がご自身の力であって、“気がつくという事”そのものが、自分の成長となり、
現在の状態を修復していくのに、必要なエネルギーである。(量子場調整®)
 
これを、体験を通して、お伝えすることが、まず目的の一つであると考えています。
 

 

ヒト という 生命体 が 相手

 
 
ヒトの身体は物理体であると同時に、生命体でもあります。
 
細胞一つ一つに、意思があるように感じます。
 
表現が上手なのが、脳であって、言葉にしたり、表現をします。
 
でも、脳が一番偉いか、凄いかといえば、少し違います。
 
それぞれに役割と得意分野があるだけで、優劣はないと思います。
 
 
筋肉が硬いのは、内側の内臓の不調を訴え、それを保護する為のものであったり、
 
過敏になっている神経は、何かトラブルのシグナルでもあるので、
 
私だけを診て、どうにかして!ってゆーお願いではないんですね。
 
 
 
 
目で見える事実と、目では見えない真実
 
顕在的な表に出ている事と、潜在的な表には出ていない事
 
意識的な事、無意識的な事、
 
言葉に出す事、言葉に出さない事
 
 
とーっても、難解なようで、実は、単純だったり、その時々の表情や表現方法が複雑に見えて、とてもシンプルだったり
 
 
誰よりも一番、身近にいる存在が、自分の身体になります。
 
より良い、パートナーシップを築けると良いですよね。
 
 
関係性がこじれちゃった時には、《Re;balance》しよーぜsign03
 
2021621224552.png
 
 
 
 
 
 
 

環境の変化 と 身体の変化

電動空気入れ

 
202167165151.jpg
『自動空気入れ』『電動空気入れ』
 
この、《自動》とか《電動》ってゆーメカっぽい文字が入るだけでも、なんかワクワクしますよねsmile
 
この自動空気入れを最近購入しましたyenscissors
 
単に、昔から憧れていたって事もあるんですが、
 
車のタイヤの空気入れって、自転車のタイヤとかで使う、一般的な空気入れでは、出来ないので、
ガソリンスタンドへ行った時とかに、専用の機器で入れないとできないんですね。
 
まぁ、実際には、そんなにマメに空気を入れなくてもいいのでしょうが、何せ外見からでは判断できないし、
乗った感じの感覚も、そこまで車に詳しいわけではないから自信もない。
 
なので、ガソリンを入れるタイミングぐらいでは、チェックしておこう!ってなるわけです。
 
全然、変わってないし、入れる意味もないんだけど、ま、せっかくだから『プシュー』っとやったりもします(笑)
単に、空気入れること自体が好きなだけかもしれませんが・・・
 
でも、逆に、季節の変わり目とか、気圧の変動や、チェックしない時期が重なっただけかもしれませんが、あれっ?ってほど、空気圧が減っていたりすることもあります。
 
 
タイヤの空気圧が低い状態で重い車体を上に乗せて走らせるなんて、車くんが可哀そう!!
 
やっぱり、空気圧をマメに見てあげないとsign03
 
と、言う、大義名分を取り繕い、購入に至り、実際、すごーく役に立っているのですが、
 
車くんからすると『そんなにチェックしなくても大丈夫だよ・・・』みたいな、思春期の男の子みたいな感じもあるかもしれませんsweat02
 
気にしすぎ、心配しすぎも良くないですからね。
 
タイヤそのものの弾力性、ゴムの性能、車のバネの性能・・・様々な要素のうちの一つが、タイヤの空気圧になるので、
 
端的に、部分だけ心配しているようでは、本当に、車の事を想っているとは言い切れなくなりますcrying
 
思いやりは、全体観をもって、相手に気持ちを向けた方が良さそうですよねshine
 

 

タイヤの空気圧 と 身体の内圧

 
 
タイヤの空気圧も、
 
 
ヒトの身体の内圧も、同じような事が言えます。
 
 
外的な環境の変化に、直接的に関連します。
 
止まっている状態では、車体や身体そのものの重さを支えます。
 
動いている状態では、ジャンプしたり、急に止まったりする事で、外から加わる急激な圧にも対応しながら支えます。
 
 
五月下旬から6月に入って、気温の変化も大きいですが、気圧の変化も大きいです。
 
外気の気圧の変動があると、それだけ、身体の内側の内圧も変動せざるを得ません。
 
 
この時期に、身体が重く怠さがでる。頭痛や耳鳴りが出る 等の、状態になりやすい方は、
 
少し、身体の内圧が低い状態であるかもしれません。
 
変動に対応しきれなかったり、気圧が低くなり内側が膨張すると、身体の重さや、倦怠感を感じやすくなります。
 
 
ただ、先ほどもタイヤの空気圧は、車の状態の一つの要素であるというお話もした通りに、
 
身体の内圧も、一つの要素です。
 
筋肉の緊張やそれに伴う、血液の流れ、血管の拡張や収縮に関連するホルモン、それを調節する神経系・・・
 
身体全体として、手入れをしてあげる事が大切になると思います。
 
 
一番、身近なところで言うと、呼吸で、息を大きく吸って、肺を膨らませる事で、内圧は少し高まります。
 
深呼吸の習慣は、この時期とても大切ではないかと思います。
 
深呼吸は、大げさにimpact出来る限りimpactしっかり吸って、吐くことが大切ですsign03
 
 

一定に保つことの難しさ と 有難さ

 
 
局所的な見方をすれば、身体の細かな所では、絶えず変化を繰り返しています。
 
真冬でマイナスの気温の時も、真夏の40℃を超える時も、熱産生したり、熱放散をしたりで体温を出来るだけ一定範囲に保つようにします。
 
季節によっての変化、一日の中での変化、昨日と今日、今日と明日、絶えず環境は変化します。
 
その中で、体調が一定であることのほうが、不思議というか、すごいんです。
 
 
変動があって普通です。
 
 
でも、身体は頑張るんです。
 
一定にしようと、せっせと身体の中で様々な変化を出しつつも、その人にとって最適な状態を維持できるように。
 
 
健気ですよね。
 
 
まずは、今日も一日、頑張ってくれた、自分の身体に感謝ですよね。
 
 
目の前にある現実の、難しさ と 有難さ を、まず認識してから、
 
そこから、次の段階として、『出来れば、願わくば、こうしたい。こんな感じで快適に過ごしたい。』
 
といった、ステップがあって然るべきで、普通でいられること、それを当たり前のように軽んじていると、
 
ちょっと身体さんも、思春期男子モードに入ってしまうかもしれませんねbleah
 
有難うーsign03自分のカラダscissors
 

【令和3年】本年も宜しくお願い致します。

2021年 令和3年 が 始まりました。

皆様のお陰様もありまして、とりつかせいプラクティス.整骨院としても、6年目ー7年目の年を無事に迎える事が出来ました。

昨年は【健康】というものへの取り組みが、少し変わった一年であったと思います。

良くも悪くも、今まで以上にご自身の体調に気を遣わなければいけなくなりました。

手洗い、うがい、マスク、消毒、検温・・・ 目に見えないモノに対して、'自分の体を守るにはどうすれば良いか?

出来ることがあれば、片っ端から取り組むという方もいるかと思います。

正解があるようでない、しかも、それが多種多様で一様でないところが難しくさせてしまっているかもしれません。

どうにかして、自分の体を守る、 同時に周囲の方、家族、友人、職場の方、学校の方を守るには、まず自分の体を守る事が必要になります。


このような状況の中では、 自分の健康 = 周囲の人の健康 

という、すごくシンプルな図式が成り立ちます。

誰かの為に・・といって、自己犠牲をしていては、誰の為にもならなくなります。

誰かの心配をしても、自分自身が心配される存在になっては元も子もありません。


誰かの健康や元気な姿を想うのであれば、自分自身の健康を最大限に高める、自分自身が元気に日々を過ごす。

それが、誰かの為になります。

本年も、皆様のご要望、ご期待に応えたれるように、精一杯施術を提供させて頂くと共に、人の身体、健康に関しての探求を行っていきたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2021年 元日  とりつかせいプラクティス.整骨院   

      院長  塚田 明樹

※院内に新しい仲間が増えました(^。^) 202111114329.jpeg


『Re;balance整体』=施術+α 

2020520184751.jpg

『受付周りが寂しいから』と気を遣って頂き、ご自宅で育てたお花を持ってきて頂いています。

 

いつも目に入る所にあるせいか、忙しい時や、一日終わった時などに、ふと癒されている自分がいます。

 

植物という自然が、人工的な屋内にあるというのが、なにかほっとさせてくれる気がします。

 

目から見える光景、耳から聞こえる音、鼻で嗅ぐにおい

 

これら全て情報です。

 

時間に追われている時、一日の終わりで少し消耗しているとき、

この花を見ると、少し気持ちに余裕が生まれるのは、少し消耗が緩和されるのは、

それは、この花が持ち合わせている《余裕・ゆとり》なのだと思う。

 

その《余裕・ゆとり》と対峙すると、その《余裕・ゆとり》を少し分けてもらった感じがします。

 

となると・・・自分の余裕の無さ、消耗というのを、分けてしまっているのかな??

 

そこは、お互い様で在れるように、僕も花にとって、有益なものを分け与える事ができる存在でありたいですね。


そっち と こっち

 
自分 と 相手
 
相手 と 自分
 
始まり と 終わり
 
終わり と 始まり
 
因果となると、一方向性になるけれど、
 
こっちの結果 と そっちの結果
 
すべて、相互、相補な関係ならば、双方向性
 
変わって欲しい と 願う、想うならば
 
こっちが変われば そっちも変わる
 
こちらがいくら、変わったと主張しても、
 
目の前の現実が、想い通りの変化でない
 
こっちは変わったのに、うんともすんとも・・・
 
 
何が 何処と 対応しているのか。
 
鏡 のようであれば、目の前の人の向かって左側の手が上がっている事を望む場合、
こちらは、右手を上げなければいけない。
 
左手をいくら上げても、目の前の現実は、向かって右側の手が上がるばかり
 
 
その対応は、場所なのか、同じ場所でも、目に見える表面なのか、目に見えない深層なのか
 
 
対になっていることもあるかもしれませんね。
 

徐々に。

 

4月、5月は何を発信すればいいのだろうか?

あまり、場違いな事は、かえってよくないだろうか。

かといって、時事的な事を掘り下げてる事は、自分がすることでもないし。と。

そういう時は、都合が良いのか悪いのか、書く事すら思い浮かばないものなんですね(笑)

 

最近になって、少しづつ、文章に起こしたい事、お伝えしたい事がまたちらほらと出てきました。

 

今までもそうでしたが、これからは益々、健康というものの在り方が問われます。

 

皆様にとって、有益な情報を提供することも、『整体』なのだと、花から教わりました。

 

 

 

御来院を検討されている方へ

一日も早い収束 と 皆様の安全 を願うばかりです。

 

この度の感染症による騒動は、方々に影響が及んでおります。

 

当院のような、個人院もいつ、どうなるかは全く先行きは不透明です。

 

不透明感は不安や焦りを生みます。

 

私自身は、いつも通りの施術を、いつも以上の価値で提供するといった、同じような日常を冷静に送ることを心掛けています。

というより、それ以上も、それ以外も出来ないというのが本音です。

 

いつもとは異なる環境に身を置かなくてはならない時に、不安や焦り、そしてそこからくるストレスや緊張は、どうしても生まれてきてしまいます。

冷静に、冷静にと頭では思っていても、身体は様々な情報をキャッチします。

 

免役を上げるには、何が有効だろうか?何か効果的な情報はないか?

と模索することもあると思います。

 

免役に関していえば、すごくシンプルです。

自然体 が 一番、その方のその時点での免役を発揮するには最良の状態です。

 

緊張や不安の中では、細胞の能力は少し下がります。

 

身体や頭の緊張を和らげ、栄養や酸素、もしくは、老廃物、毒素など循環するべきもの、流すべきものは、しっかりと流れを作ることは、細胞の状態を良好に保つための助けにはなります。

 

御来院を検討されている皆様へ

 

今の状況ですので、施術やご来院を強く推奨する事はしません。

 

ただ、寝つきが良くない、疲れが取れない、何か身体が重い・・・などで、お困りの方で、整体や施術を受けようかどうかお悩みの方がいましたら、

ホームページのお問い合わせフォームから、一度ご相談していただければと思います。

(もちろん、まず体調不良の際には、検温や喉の痛み、息苦しさなどが無いかの基本的なチェックはした上ですが。)

 

そして、当院は基本的には、予約制ですので、待合室での人と人との接触はほぼありません。

ただし、前の方との入れ替えの際などには、すれちがい程度にはありますので、完全とは言えません。

 

もし、ご来院をご検討の方で、他の方との接触が気になる方がおられましたら、予約の際に一言いただければ、時間の調整などはいたします。

 

そして、院内環境に関しましては、基本的な部分は今回に限った事ではなく、以前から行っている事をいつも通りに行っています。

 

①施術毎の施術者の消毒

②施術毎のフェイスマット等のアルコール消毒

③使い捨てのフェイスペーパーの使用

④仰向け施術時のマスクの着用

⑤空気清浄機の稼働 と 換気の実施

⑥アロマオイルの使用(種類にもよりますが、ウイルスの増殖抑制効果が報告されています)

 

 

生命に関して、細胞に関して、基本的なルールを守り、粛々と院内環境の整備と施術を日々行っております。

 

出来る事は限られていますが、当院が提供できるモノ、私が提供できるコトを、精一杯提供させて頂きます。

 

一日も早く、また変わらぬ日常へ戻ることを祈って、焦らず、恐れず、驕らず、自然体に日々過ごせると良いですよね。

 

 

 

 

 

2020330215943.jpeg

悩みの解決策!!

悩みの解決策!!

【悩みの解決策】
だいぶ、大風呂敷を広げてしまいました。

すみません。

読み進めた先に、スッキリした解決策は無いと思います。

いや、無いことはないかもしれません。

いやいや、誇大、誇張は良くない。

かと言って、『悩みは解決しません』って、タイトルじゃ見る気も失せるだろうし・・・

悩みは尽きませんね。


読んでみた先にか見えない何かがある!!

=============================
『悩みが無さそうですね。』

正解といえば正解

間違いと言えば間違い

否定はしないし、むしろ肯定することの方が多いと思います。

恐らくですが、

何が自分の悩みで、何が悩みではないのかが本当は解らない

今のところ、これが真意な気がします。


自分の本当の悩みって何か?


もし、自分の本当の悩みが、

エベレストの頂上における体験とはどんなだろうか?

だとしたら。

思いつく解決策は

①経験した人に聴く

②ネットで検索してみる

③画像や動画を見て、擬似体験する

④エベレストまでとはいかなくても登れそうな山に登り模擬体験をしてみる

⑤実際にエベレストに登って体験する

でしょうか。


あと数年もすれば、実際にその場に行かなくても、脳に直接その体験の信号を与えることで、視覚的にも、温度も触れた感覚も匂いすらも、一歩も動かずして体験することが出来る様になるかもしれません。


それはそれで、画期的な事ですし、実際にできるならやってみたいです。

ただし、それで、エベレストの頂上における体験をしてみたいという悩みは解消されるでしょうか?

むしろ、余計に、

本当の所はどうなんだろう?

あのバーチャルでの体験での感動をリアルは超えるのか?

という悩みが輪をかけてやってくる気がします。


つまるところ、


『じゃ、登れば?』


に、たどり着くまで、永遠の答え探しになりかねません。

『よしっ!私は、登る!』

と、決意して、登る準備に取り掛かる。

エベレストともなれば、それ相応の準備が必要だ。

道具もそう、そして、基礎体力だって必要だ。

トレーニングを始める。

日々、汗をかき、体力も筋肉もついてきた。

なんだか、以前より、日々の体調が良い。

よく眠れるし、トレーニングと共に色々と試行錯誤した自分に合った食事もなんとなくわかってきた

『これでエベレストに登れる!』

ここでふと、思う。

『そんなにエベレスト登りたいかな?』

『エベレスト登らなくても良くない?』

更に、ふと思う。

『あ、エベレストにでも登って、なんとなく爽快感が欲しかったのかも。』

『体が楽に感じる。この爽快感だ。』

『今はこれで良いか。エベレストはまた今度!』

こんなうまい話はそうないかもしれませんが、

当初、悩みと思っていた事が、悩みで無くなって、

思いもしなかった事が、その根底にあった。

そして、その解決策は誰かに与えられたものではなく、自分で手に入れたものです。

何が影響しているか?突き詰めたところで分かる日が来るのか?

その影響は、必要になったら自然と表在化してくるものなのかもしれない。

その影響を炙り出し、それを直ぐに解決しようとする。

もし、誰かに答えを求めた時に、

それが根本原因だ!と、太鼓判を押された瞬間にそれが根本原因になってしまう。


そして、その第三者によって提案された、根本原因と共に生きていく


そっかそれが原因だったのか。


じゃ、その原因の原因はなんだろう?


何ですか?


その原因の原因はこれです。

なるほど!

んで、そのゲンインは?

そのゲンインのgenninnは?

GEN N IN?

ゲン ニン?

原人?

現人?


その原因は 現人 、つまり、◯◯◯ です!


※※※タイピングが乗ってくると、話の道筋が妙な方向性に行く事が 悩み ですσ(^_^;)※※


誰かに相談する事、情報を求める事自体は、とても素晴らしい事だと思います。

それは、それによって導かれた "コタエ" 、提案やアドバイスよりも、その自分の行為自体が素晴らしいのだと思います。


その過程で、霧が晴れて、見たいものが観れるようになる。


私が提供している整体も、短期的には、その要因を説明し、身体を整え、自宅でのケアや注意点をアドバイスさせて頂く。

それによって、身体的な不調の解消のお手伝いをする。

その日、その時点での課題やテーマは必ずあります、でもそれが本当にクリアしないといけない事でもなく、

その課題やテーマに意識や行動を向ける事自体に意味があるのだと思っています。


身体の不調は一番身近にある課題です。


それが、『悩み』である方もたくさんいると思います。

どうしたら?どうやって?

可能 ?  不可能 ?


要望や疑問などには、出来る限りお応えします。


それは、エベレストに登るための準備の途中です。


道具はこっちのほうがいいのか?
どんなトレーニングがいいのか?
どんな食事をしたらいいのだろうか?

その中で、何が観えるか?

何を観たいですか?

『じゃ、登る!』

おしまい。

=============================
最後まで、拙い長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。


読んでみた先に、何かありましたでしょうか?


最近、少しブログの感想を頂けるようになりました。

率直に、大変、嬉しいです。


何か、書いてもらいたいテーマや課題などありましたらリクエスト頂けると、少しやる気がでます

ただし!

ご要望のテーマと文章の内容が、若干ずれてしまうことがあっても、お許し下さいね(๑>◡<๑)



揃えるメリット と デメリット

揃えるメリット と デメリット
=============================『整体』と聞くと、身体を整える事 というのは、なんとなく知っていただけていると思います。

では、身体を整える事は、良い事ですか?

何をいきなり言い出すかと思えば・・・

というより、『良い』以外の答えが出た時には、怒られそうです(>人<;)

身体を整えることは、良いことです。
(と、個人的な信念の上で、日々施術をさせて頂いています)

ただし、《整える》という言葉の中身によってかもしれません。


例えば、部屋の掃除にしても、床がピカピカなのか、特に問題はないかもしれませんが、テーブル、椅子、ソファー、棚といった家具の配置なんかは、そのご家庭によって、使い方や優先度などが異なるために、配置の仕方などはかなり違いがあると思います。

整える といっても、それを使う人やその使い方によって、整え方が違います。

身体も似たような事があり、一概に、整えるといっても、一定のルールがあるようで無い、ルール通りやったとしても、その方にとってそれが良いかどうかはまた別の話って事もあります。

そんな、お話を書いてみました。

=============================
4WD と AWD

四輪駆動(4WD)と全輪駆動(AWD)


この2つは、4つのタイヤで動く自動車にとっては、同じ意味だそうです。


ただ、最近のAWDの技術は凄い!らしい・・・です。


今や車は、原動機(エンジン)を燃料を使って動かすことによる動力で動くもの。


という、単純なものではなくなっているようです。


今までは、


内燃機関(エネルギーを生み出す:エンジン)の回転数を増減させる《アクセル》


駆動機関(エネルギーをタイヤへと伝え、速さと方向に変化をつける)をコントロールする《ハンドル》と《ブレーキ》

主に、この《アクセル》《ブレーキ》《ハンドル》を使って、操作、操縦していました。


基本的な操作の仕方こそ変わりませんが、

内燃機関と駆動機関をコントロールする部分に【電子制御】という、コンピューターを使ったコントロールが加わりました。


これによって、何が変わったかと言うと、

今までは、悪路のような、凸凹があったり、ぬかるんでいたり、凍っていて滑りやすい道では、

その運転者が、その路面の状態を考慮して、操作するしかなかったのに対して、


【電子制御】が加わる事によって、

エンジン内の燃料の燃焼の仕方や、路面状態による車の傾きや、それぞれのタイヤに掛かる負担をコンピューターで分析して、
その状況に応じて効率的にコントロールできるようにする。


簡単に言うと、


運転技術の無い人でも、なんだか、運転技術があるように運転できてしまう


その運転技術の一端をコンピューターが担ってくれるということです。

でも、これって、人や生物にとっては、ごく自然であり、当たり前の事なんですよね。

傾きのある山道では、登り坂では自然と重心を前方に移動し、下り坂では、重心を後方へ移動させます。


そして、左右で高さが違ったら、股関節、膝関節、足首や体幹も含めて、その高さの違いによって体が倒れないようにします。


位置をズラす事、不揃いをつくる事で、安定感や力を増しているのです。


競走馬を見ると、すごーく綺麗なリズムで走っているように見えますが、4つの脚をそれぞれ独自のリズムで動かします。


早く走るためには、あの非対称性が必要なのでしょう。
(昔、マキバオーって漫画では、対称性に脚を動かす驚きの馬がいましたが・・・(笑))


=============================
対称 と 非対称


動きという側面では、対称性がむしろ力を出しにくい場合もあります。


となると、整体や施術で歪みを整えたり、左右のバランスを取ることって、どうなのでしょうか?

これには色々な側面があり、一概に良い悪いとは、言い切れませんが、


症状が出ている段階で、左右非対称になっている状態を、左右対称の状態に近づけていくと、その症状は収まるケースはあります。

『近づけていく』過程が大切。


そうです。


問題は、非対称になっている状態 ではなく、

非対称で使ったまま、元に戻ろうとしていない 状態


ん?同じ意味では・・・?


非対称を悪とするならば、ズレないように、動作も対称性をつくらないといけなくなります。


でも、動作においては非対称性が必要な場面のほうが多い。


となると、その非対称に使った所から、元の位置に戻す事が大切となります。


じゃあ、整体で元の位置に戻せばいいじゃない。

そうです。


では、このようなケースではどうでしょうか?

毎日、朝、『いってきます』と、家を出ます。

行く場所や通る道は日によって違う


それで、帰る家も日によって違ったらどうでしょう?、

帰る道がわからず、バスで来たのに、

電車で遠いところに帰ったり、

電車で来たのに、永遠と歩いて帰ろうとしたり、


毎回、誰かにお迎えに来てもらわないといけないとしたら、


それはそれで、大変です。

要するに、自分で家に帰る道を知ること、その方法を知ること。


え、じゃあ。整体って意味ないの?

意味は大いにあります。

毎回、姿勢のお迎えに来てもらうなかで、その基準を体が覚えていきます。

勝手に覚えて行く側面もありますが、

姿勢の基準を(当人の中に)作る目的 で 施術やアドバイスを行うか

姿勢を正すだけ の目的で、、施術を行うかでは、違いってあると思うんです。


対称性=善 非対称性=悪 とせずに、その必要性をよーく観察して、その方の在りたい方向として、必要な能力を育てる事が大切だと感じます(^^)

貴重な体験を経験に

貴重な体験を経験に

『整骨院と体験』という事で話を始めると、


不調になった体験 か 不調から回復した体験


が、大半を占めると思います。

誰しも"したい体験"もあれば"したくない体験"もあると思います。


"したくない体験"の尺度は、万人に共通するものもあれば、個人個人で異なるものもあります。


出来る限り、体験には"良し悪し"の着色は加えずに、貴重な体験として受け取りたいと、個人的には思います。


そんな"想い"と現実そんな簡単ではない という話です。

============================================

とある週始めの朝


とある朝


もしかすると、仕事始めの朝かもしれない

昨日までの休暇で、リフレッシュをして、


『さぁ!今日から、やるぞ!』

と、意気揚々と電車に乗る


車内でも読書

なんだか、文章がスラスラと頭に入ってくる。


それに応じたアイデアや行動意欲も湧いてくる


『いい週になるな^ ^』


乗り換え駅で次の電車を待つ


と、次の瞬間


《踏切事故により電車運転見合わせ》


『おいおい、どうしてくれる?この溢れんばかりのアイデアと行動意欲を?』

この瞬間の感情は怒りと憤り、そして、落胆と少し笑える


何故かと言うと、振り返ると、こう言うことはよくある気がするから。


『よしやろう!』


と、こちらは、"勝手に"やる気満々


でも、そんなときに限って、障壁がどこからともなくやってくる。

『なんて日だっ!!』『なんで今なんだ!』


ま、そんな事は、今ではなんとなくも慣れた気もします。

なので、少し笑える自分もいます。


この時の現実は、

『電車がとある理由で止まった、しばらく動かない』


という、事実と、


『せっかくやる気を出してた週初めだったのに、、、』


に、続く様々な感情と、これからどうする?という、迷いと未来予測。

これは、個人的な事実に対する解釈と解釈に基づく行動予測です。

私、個人の現実は、やる気を出して臨んだ週初め、


にもかかわらず、出鼻を挫かれたような、足止め。


様々な感情が入り乱れながらも、次の行動を見定め中

というもの。


なんで、こんな現実が起きたんだ!いつもこんなことばっかり!


と悲観的に思う自分と、


ま、こんなもんか。

さ、どうしよっかなぁー。


と、楽観的に思う自分。

現実と事実(現象)と解釈

現実は体験するもの(なのかな?そうだと思う。)

けど

その体験に何か違和感があり、現実を変えたいと思う


現実は体験するものでしかなく、

体験はするもので、その時点でのその体験は変えられるものでもない


それに違和感を感じる場合、


事実に対する自分の解釈を少しずつ変えていくことで、
これから先の体験が変わる


解釈は少なからず、過去の経験の影響を受けることがあり、


体験の積み重ねである経験は、自分自身を構築する膨大はデータバンクでもあります。


今の体験を良い経験とするか、悪い経験とするか、
もしくは良くも悪くも貴重な経験とするかで、そこから先の解釈が変わります。

今回のケースでは、出鼻を挫かれた経験に怒りや落胆などの感情が出てきたものの、


こうして、今日のタスクの一つの《〇ブログを更新する》にチェックが入れられる行動が取れたので、
良し!としましょう(笑)


解釈を変えて、様々な行動をflexibleに変えられるように成長してる自分。

柔軟性って言えばいいのに、フレキシブルとか使うあたり、
『いい週になるな』(^ν^)笑


ただ、

これもし、週末の夜、疲労感たっぷりで、帰宅できない状況だったらこんな悠長なこと言ってられないかもしれません。

体調、状況によっても、体験の捉え方は大いに変わると思います。

最近の様々な近況を踏まえても、体調は崩さず過ごせるといいですよね。


皆様の体調管理の一端を担えるような整骨院

カラダはもちろん意識も整える整体 を目指しております♪


それでは、皆様、よい一週間をお過ごし下さい(o^^o)


202022582152.jpeg

長年の悩み と お友達

《長年の悩み》とタイトルで書きましたが、
"長年"といった時間の概念、感覚はかなり個人差があります。

当院にご来院していただいている方々も、大多数は、私よりも年齢的な先輩にあたる方々です。

その方々に対して、個人的な"長年の悩み"の経験を語ったとしても、それをどう捉えて頂けるかは、若干不安に思うところもあります。

ただ、怪我の数や不調の経験は少なからずあり、当時を思えば、辛い大変な時期もありましたが、今思えば、この仕事をさせていただくにあたっては、貴重で大切な時間だったのだなと思います

これを書いている、今この時間も、左の腰から脚にかえて痛みがうっすらとあったりもします。
原因や対処法はわかるのですが、もう中学生のころからの連れ合いなので、なかなか完全にはお別れできていない現状です。

でも、このひょっこりと顔をだす"痛み"から学べる事もあることも確かです。

そんな、自分の経験からの、"不調に対して思う事"を書いてみました。

是非、読んでみてください(^_^)


長年の悩み と お友達


ふと自分の日常を振り返ると、意外な交友関係に気がつきました。


気がつくと、いつも一緒だね。

そういえば、あまり意識してなかったけど、いつも隣にいた。

別に仲良いとは思ってなかったけど、ふと気がつくとそこにいる。

仲良いのかな?

いや、どちらかというと、気が合わないタイプだと思ってました。

【無理】くん 

【無駄】さん

【諦め】ちゃん


『そんなの絶対無理』『どうせ無理に決まっている』『才能、能力、道具、経験がないから出来ない』

結果はすぐに出るもの、すぐに結果が出ないのなら、今の目の前の行動、行為はすべて無駄である


そんな事を思う時もあります。


ありました。


効率、無駄排除、最速最短!!

確かに、方向を間違えると遠回りになる可能性もあるし、目的地に(望む期限内に)たどり着けない可能性があるとは思います。


だからこそ、迷うし、その最短最速の方向、方法をさがします。

その迷いや試行錯誤をしていた期間を学びや経験として、ストックしていくか、無駄であったと切り捨てるか。

一番身近な現実化のプロセスは身体

身体の痛みで言えば、薬という最短で効率的であるものは、その使い方次第では、最大の理解者で深い信頼の親友のような存在になる時もあれば、悪友のような存在になる事もあります。


自分の一番近い存在であるであろう、自分の身体。
その身体が思い通りにならない。
健康でいたい けど 何故か一年のうち数回は体調を崩してしまう

やる気ださなきゃ!
って思うけど、
そうもいかない。


どんな方法試しても、少しはいい気がするけど、結局また戻るし、、、


でも、宣伝には即効性って書いてあったし、みんな笑顔で効果抜群って...


例えば、身体の柔軟性やダイエットなど、理屈は難しくないけど、実際は、、、


これらは、様々なやり方の問題よりも、


それらを、やってみよう!と思った時や、目の前に現れる現実が自分の想像とは異なっていると思った時、


ふと、身近すぎて気がつかなかったお友達がひょこっと顔を出します。

その交友関係を断てってことじゃなく、どんな交友関係を望んでいるか?

それらを、少しずつ仲間に取り入れていくこと。


無理、無駄、諦め って交友関係も大切な時もあります。

出来る!忍耐!継続!


だけじゃ、身が持ちませんし。

前を向いて、前に進もう

と想って、

後ろ向いて、後ろ歩きする人は、

多くないかとおもいます。


ちゃんと、想いが現実に現れている。

でも、

前向いて、前に進もう、+疲れない姿勢で

という、プラスワンの想いが入ると、これが簡単ではなかったりもします。

自分の身体なのに。

もう無理。無駄。やめる?

いや、

出来るかも。続けてみようかな。


想いは 何かに 届いて 、なんとなく現実になっている。確かに。

じぁ、

少し視線をいつもよりも上にあげて、前を向いて前に進もう

あ、いつも、よりも少しいいかも。


疲れたくないときに、

疲れたくないって想いでは、あまり変わらなかったけど、

視線を上にあげてみたら、なんか少し違ったな。


じゃ、次は、、、


こんなに細かいステップは踏む必要はないと思いますし、

身体を整える施術

というのは、この複雑なステップをもう少し実体験を交えて、大きなステップを踏んでもらう事だと思っています。


中学生の頃に発症した腰痛

足首の骨折に伴う、歩き方、走り方の違和感と筋力差

働き始めて、初めて感じた、胃の不調

何気ない言葉がスムーズに出ない、吃り(どもり)のような状態


これらは、自分の過去の体験ですが、

一つ一つを日常生活で支障のないような状態にするには、今思うと、時間はかかったと自分では思います。


でも、変わった。変えられた事実が、

今の自分を後押ししてくれる事もあります。


ただ、


【現実はそんな簡単ではない。】くん


って、お友達も出来ました(笑)

物事を難しく考える癖ですねσ(^_^;)

【物事は意外とシンプルで簡単】ちゃん


ってゆー、お友達を仲間に入れている途中です。

自分 と 自分の身体 の周りにはいつも沢山のお友達が見守ってくれています。

お友達の人数やどんなタイプかってゆーことも大事ですが、様々な状況の中で手を差し伸べてくれるお友達に悪気はありません。

有り難く、誰の手を借りるか。


有り難く、誰に遠慮してもらうか。


いつも、有難う。また、今度お願いね。


手を差し伸べられているって有難いですよね。


みなさんの交友関係はいかがですか?


2020210134835.jpeg

ブログでお伝えしていきたい事

つい先日〈新年の挨拶〉のブログを更新したような気でいましたが、あっという間に2月になっていました。


毎年のように言っているような気がしますが、
今年はブログの更新をマメにやろう!と意気込んで新しい年を迎えましたが・・・


施術という限られた時間の中で、お体の事や、日常生活の事などを、こちらから質問させていただく事はありますが、
自分のことをお話しする機会というのは、あまり多くありません。

長年お付き合いのある方でも、
『初めて聞きました〜!!』『そんな考えなんですねー。』
と、言われる事があります。

もちろん、僕の個人的な情報は、特別、施術には関係ありませんので、それよりももっと必要性の高い情報のやりとりのほうが重要です。


ただ、施術は一対一の関係性でもありますので、
全く人間性もよくわからない人よりは、多少なりとも考え方などを知ってもらうほうが、少し安心感も違うのかなと思うこともありますので、
こういったブログなどを通じて、情報を発信できたらと思っていますので、気が向いた時に目を通して頂けたらと思います。

健康などに対する、個人的な考えなどは、今御覧になっていただいている『日々気づきのブログ』でお伝えしていきます。


また、実際の施術事例などを踏まえて、身体に関係すること、健康に関係すること、どのような施術を行なっているのかなどは、『施術事例』の方でお伝えしていきます。


ご自身と同じようなお悩みの方やその症状など、その原因や改善策、日々気をつけた方が良い事など、参考になる情報をお伝えしていきたいと思います。


SNSの時代に若干取り残されてる感はありますが(笑)

地道にやっていこうとおもう所存ですσ(^_^;)

2020210132133.jpeg