ホーム>とりつかせいプラクティス.整骨院 日々の気付きブログ>【症例・症状】>足・ひざ・股関節>腸脛靭帯炎 2
足・ひざ・股関節

腸脛靭帯炎 2

前回のブログ:『腸脛靭帯炎/ランナー膝』の続きです。
 
 
 
久々のランニングで、膝を痛め、古傷でもある『腸脛靭帯炎』の様な症状が出ている状態。
 
ランナー膝 と呼ばれるので、恐らくランニングする人に多いのでしょう。
 
あと、ジャンパー膝という名前がついたのもあります。
 
ゴルフ肘、テニス肘。は、肘や
 
名前は、さておき。
 
 
この腸脛靭帯を痛めてくる方は割と多いです。
 
というのも、前回も書きました通り、
 
①大腿筋膜張筋のつながりであること、
②大殿筋との関連があること、
③構造物として大きいこと(2つの関節をまたいでいる)
 
 
という、特徴ある腸脛靭帯ですので、生活上でも運動でも色々な負担がかかってくるのです。
 
 
予防としては、これも前回書きましたが、
 
201891202016.jpg
 
 
こ~んなのやら、いろいろバリエーションはありますが、お尻の筋肉やら太ももの外側を伸ばしておくことが大切です。
 
 
予防としては。
 
 
 
痛くなった段階では、この筋肉の硬さだけをゆるめていっても、なかなか改善しずらいです。
 
これは、自分の経験として、ですが。
 
 
特に膝の痛みというのは、膝が悪くないのに膝が痛いことがよくあるんです。
 
これは、『可愛そうな膝関節』 でも触れました。
 
 
膝関節は、
 
とても柔軟かつ繊細に、周りに気を配ってるガンバリ屋さん。
 
 
ですので、膝が痛い けど、 膝が悪いって決めつけないであげてくださいね。
 
 
ということで、膝の痛み で、来院していただいた時には、
 
痛い動作 + 荷重位(体重をかけている状態) +非荷重位(体重をかけていない状態)
 
を、まずチェックします。
 
 
状態にもよるんでしょうが、体重をけけなければ、曲げ伸ばしに問題ないって、方が多いんです。
 
こんな時には、
 
『あ、これ、膝は悪くないですよ』
 
 
っと、つい、このフレーズが出てしまうんですが、
 
膝が痛いのに、膝が悪くない!??・・・
 
皆さん、疑問の眼差しで見られる訳ですね。
 
詳しく伝えるとすると、
 
体重をかけていない今の状態では、膝の関節に関しては、十分関節の運動ができていますので、膝関節には問題ありません。
 
問題は体重をかけたときに、どの様に、膝に体重がかかってくるか。
 
ということになります。
 
 
今日はこの辺で

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.toritsukasei-practice.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129