ホーム>とりつかせいプラクティス.整骨院 施術事例>施術事例>【施術の感想】 ~痛みや辛さはプレゼント~ R様 より
施術事例

【施術の感想】 ~痛みや辛さはプレゼント~ R様 より

【施術の感想】 ~痛みや辛さはプレゼント~ R様 より

去年の12月、まるでそれはクリスマスプレゼントのように、私に訪れました。

右肩の違和感は今までに感じた事の無い痛みでした。以前そこは、

整形外科があったところだったので、そのつもりで夜とびこみましたら、アロマのただよう空間でした。

にこやかにスタッフの方に迎えていただき、診て頂きました。

痛みだけではなく、右指にしびれもあったので、そのことを訴えると、首からきているとのことでした。

 

プレゼントというのは、今まで自分でイケていると思って、イイ気になってダンスなどをしていたのに、首に問題があり、姿勢も悪いことに気付かせていただいたことです。

そして、お正月も過ぎ、今は2月ですが、姿勢もだいぶなおり、時々油断すると、しびれとともに警告してもらえています。

そして、気がつくと痛みもしびれもない体になっています。

 

ヘルパーの仕事は腰や肩に負担がかかる肉体労働ですが、週に一度体をほぐしていただき、スッキリさわやかになり痛みやしびれがこないように、普段の姿勢をよくするように注意しています。

 

一度味わった、痛さや辛さはプレゼントです。何も無かった体より今の体の方が、大切にするし、愛おしく感じられます。

 

ていねいに親身になって施術をしてくださる、院長先生、スタッフのみなさまのおかげです。

 

これからも60才を目の前にしているので、元気ハツラツに仕事と趣味にたのしんで生きたいです。

 

プレゼントを本当にありがとうございます。    (ペンネーム)伶香

 

院長からのコメント

 

R様 感想ありがとうございます。

このように丁寧に感想を頂けて本当に嬉しいです。

 

R様が来院された当初は、今まで、何も痛みも無く、健康で過ごされてきたところから、”痛み””しびれ”という不快感が、生活に中で感じられる事に、何故?どうして?と、困惑といいますか、多少の苛立ち、先行きが不安であるといった発言が多かったように感じました。

 

僕も経験がありますが、何も不自由なく動けていたところから、急に痛みなどによって、生活に制限がかかると、とても不安になりますよね。

ご自分で、ケアをされたり、 運動されたり、健康に気を遣っていたら、尚更です。

ただ、その痛みを、『プレゼント』と、表現し、身体から授かったものだと、受け入れ、

『何も無かった体より、今の体のほうが大切にするし、愛おしく感じられます。』

↑↑↑

この表現は、なかなか出来ませんよねsweat01

 

そうなんです。身体が普通に動かせるのが、当たり前のように感じてしまい、ついつい無理をしたり、身体に負担になることをしてしまいます。

 

痛みや、しびれなどは、そんな身体からのメッセージなんですね。

 

このメッセージをきちんと受け取り、余分なものは捨て、必要なものは加える。

 

これが出来れば、身体はきちんと反応してくれます。

 

身体を大切にしてあげると、身体も喜んでくれます。

 

身体の喜びは、個人個人で異なってきます。

雑誌やテレビ、本などで、色々と紹介されていますが、なかなか自分にあった方法や生活が見つけられないという方、

 

整体を通して、『あなた』に合ったものを提案していくことが、僕たちの役目だと思っています。

 

R様、ご感想ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

 

とりつかせいプラクティス.整骨院   院長  塚田 明樹