ホーム>とりつかせいプラクティス.整骨院 日々の気付きブログ>とりつかせいプラクティス.整骨院>貴重な体験を経験に
とりつかせいプラクティス.整骨院

貴重な体験を経験に

貴重な体験を経験に

『整骨院と体験』という事で話を始めると、


不調になった体験 か 不調から回復した体験


が、大半を占めると思います。

誰しも"したい体験"もあれば"したくない体験"もあると思います。


"したくない体験"の尺度は、万人に共通するものもあれば、個人個人で異なるものもあります。


出来る限り、体験には"良し悪し"の着色は加えずに、貴重な体験として受け取りたいと、個人的には思います。


そんな"想い"と現実そんな簡単ではない という話です。

============================================

とある週始めの朝


とある朝


もしかすると、仕事始めの朝かもしれない

昨日までの休暇で、リフレッシュをして、


『さぁ!今日から、やるぞ!』

と、意気揚々と電車に乗る


車内でも読書

なんだか、文章がスラスラと頭に入ってくる。


それに応じたアイデアや行動意欲も湧いてくる


『いい週になるな^ ^』


乗り換え駅で次の電車を待つ


と、次の瞬間


《踏切事故により電車運転見合わせ》


『おいおい、どうしてくれる?この溢れんばかりのアイデアと行動意欲を?』

この瞬間の感情は怒りと憤り、そして、落胆と少し笑える


何故かと言うと、振り返ると、こう言うことはよくある気がするから。


『よしやろう!』


と、こちらは、"勝手に"やる気満々


でも、そんなときに限って、障壁がどこからともなくやってくる。

『なんて日だっ!!』『なんで今なんだ!』


ま、そんな事は、今ではなんとなくも慣れた気もします。

なので、少し笑える自分もいます。


この時の現実は、

『電車がとある理由で止まった、しばらく動かない』


という、事実と、


『せっかくやる気を出してた週初めだったのに、、、』


に、続く様々な感情と、これからどうする?という、迷いと未来予測。

これは、個人的な事実に対する解釈と解釈に基づく行動予測です。

私、個人の現実は、やる気を出して臨んだ週初め、


にもかかわらず、出鼻を挫かれたような、足止め。


様々な感情が入り乱れながらも、次の行動を見定め中

というもの。


なんで、こんな現実が起きたんだ!いつもこんなことばっかり!


と悲観的に思う自分と、


ま、こんなもんか。

さ、どうしよっかなぁー。


と、楽観的に思う自分。

現実と事実(現象)と解釈

現実は体験するもの(なのかな?そうだと思う。)

けど

その体験に何か違和感があり、現実を変えたいと思う


現実は体験するものでしかなく、

体験はするもので、その時点でのその体験は変えられるものでもない


それに違和感を感じる場合、


事実に対する自分の解釈を少しずつ変えていくことで、
これから先の体験が変わる


解釈は少なからず、過去の経験の影響を受けることがあり、


体験の積み重ねである経験は、自分自身を構築する膨大はデータバンクでもあります。


今の体験を良い経験とするか、悪い経験とするか、
もしくは良くも悪くも貴重な経験とするかで、そこから先の解釈が変わります。

今回のケースでは、出鼻を挫かれた経験に怒りや落胆などの感情が出てきたものの、


こうして、今日のタスクの一つの《〇ブログを更新する》にチェックが入れられる行動が取れたので、
良し!としましょう(笑)


解釈を変えて、様々な行動をflexibleに変えられるように成長してる自分。

柔軟性って言えばいいのに、フレキシブルとか使うあたり、
『いい週になるな』(^ν^)笑


ただ、

これもし、週末の夜、疲労感たっぷりで、帰宅できない状況だったらこんな悠長なこと言ってられないかもしれません。

体調、状況によっても、体験の捉え方は大いに変わると思います。

最近の様々な近況を踏まえても、体調は崩さず過ごせるといいですよね。


皆様の体調管理の一端を担えるような整骨院

カラダはもちろん意識も整える整体 を目指しております♪


それでは、皆様、よい一週間をお過ごし下さい(o^^o)


202022582152.jpeg